• tomoko

LESSON 4:カスタムスキルを作成と注意点


スマートスピーカーの基本的な使い方から、スマートスピーカーアプリケーションの開発が出来るNOIDの使い方まで、どうやって使うの?スマートスピーカーで何が出来る?等VUIに興味があるがある方必見です!


NOID ACADEMY

~初級編~  

レッスン1:アレクサをセットアップする     

レッスン2:アレクサを使ってみよう  

レッスン3:アカウント作成

~中級編~  

レッスン4:カスタムスキルを作ろう  

レッスン5:フラッシュブリーフィング機能を使う

~上級編~  

coming soon



作るスキルはこちら


アレクサと”じゃんけん”が出来るスキルを作ってみよう!


ダッシュボードから「新規作成」を開いて

カスタムスキルをクリックしてください






スキルの名前をつけてください。

※日本語・カタカナのみ英数字記号は使用できません

この名前をスピーカーに呼びかけるとアプリケーションが起動します

呼びやすい名前をつけてください




ダッシュボードが表示されます、ここで会話フロー作成します。


①スキル名(呼び出し名)

②フロー編集タブ

③申請情報タブ

④画面全体の拡大縮小

⑤保存ボタン

⑥申請ボタン

⑦タブの折り畳み

⑧NOIDに関するお知らせBOX

⑨お問い合わせフォーム

⑩アカウント情報



フロー編集画面はこちら

①起動した時に発話する対話ブロックです

②クリックしながら線を引き出します

③新規ブロック名は編集が可能です

④発話が無かった場合に読み上げます

⑤スキルをストップした際に読み上げます




ブロック内の編集はこちら

①スピーカーの発話

スピーカーが話すセリフです

※数字・英語は入力できません。「?」は利用可能です。


②サウンド(オーディオファイル)

mp3ファイルをドラック&ドロップしてください


③ユーザーの発話

スピーカーが反応するユーザー発話単語を全て入力してください

※数字・英語は入力できません。「?」も利用不可です。


④不明な入力

スマートスピーカーが反応できなかった場合、話すセリフです



まずここの会話を作成します


フロー編集画面のホームブロックを選択すると右側にダイアログが表示されます。

まずはじめに ダイアログ内の1行目 スピーカーマークのあるテキストボックス内のテキストを編集します。「じゃんけんをしましょう!最初にぐーじゃんけんポン!」と入力してください。次に、一番下のテキスト入力ボックスの昨日アイコンを ユーザーの発話(マイクマーク) に切り替えて「グー」「チョキ」「パー」をそれぞれ追加します。会話のキャッチボール1往復が1つのブロックになるイメージです。


次にここの会話を作ります

先ほど入力したホームブロックの後ろに、相手が出したものへ対する返し(=じゃんけんの結果)のブロックをつくり、それぞれ線で繋げます

このままだと何を出しても全部あいこですね!次のステップとして、発話する言葉を何パターンか入れておき、それをランダムに読み上げる設定をしていきます。


ブロック編集画面の1番右側のアイコン「・・・」のアイコンを押してください。そこからランダムの編集を押してください

ここにアレクサが発話するパターンを登録すればアレクサがランダムに発話します。

この図の場合は、ユーザーが「ぱー」といった場合、アレクサがランダムで

「ぱー、あいこだね」

「ぐー、負けた」

「ちょき、私の勝ち」

と発言します、これでじゃんけんが成立します。


ちなみに、マイクマーク(ユーザーが発話する言葉)の場合、1番右の「≡」のアイコンを押すと「同意語」と出てきます。ここはユーザーが発話するパターンを登録でき、反応範囲を調整する事が可能です


例:「ぐー」以外にも考えられる発話するパターン

・ぐーで!

・ぐーかな!

・ぐーにする  等


これでじゃんけんの大枠は完成です

あとは、音声ファイルを入れてエンタメ性を持たせれば、じゃんけんスキルの完成です!


フロー編集画面から離れる時は保存を!

こまめに保存する事をお勧めします、特にフロー編集画面から離れる場合は必ず保存をしてから離れてください。

保存には1分~5分かかります、その間に離れてしまっても保存はできないので「保存しました」のダイアログが出ることを確認してください


ユーザー発話に「はい」「いいえ」を繰り返したり「数字で回答」するスキルについて

・色々な質問に「はい」「いいえ」で回答しながら進めるスキル

・質問に対して、数字やA、B、Cなど記号1つを回答しながら進めるスキル

現在NOIDでは、上記に該当する構成のスキルの作成はできません


選択スキル

■ ×パターン

スキル名:ノイドの心理テスト

アレクサ

「あなたは今知らない森にいます。すると突然動物がでてきました。それは次のうち何?1、カラス、2,タヌキ、3,サル、4,フクロウ」


ユーザー:「1」


■ ○パターン

スキル名:ノイドの心理テスト

アレクサ

「あなたは今知らない森にいます。すると突然動物がでてきました。それは次のうち何?動物の名前を答えてね。カラス、タヌキ、サル、フクロウ」


ユーザー:「カラス」

回答は被りが無いよう単語ベースの構成にしてください。


手順スキル

重複がNGかつ利便性を考えユーザー入力を統一する時の折衷案として

ステップ1ができたら、いちおっけー。ステップ2ができたら、におっけー。と進めていく構成に。

繰り返したい時はリピートと言うようユーザーへ指示し、フロー上は不明な入力と識別させ繰り返しています。



-ノンプログラミングでクイックスタートが可能。スキル制作ツール「NOID(ノイド)」でスキルの世界にふれてみませんか?



  • NOID公式 Twitter
  • NOID公式 Facebook

Copyright © 2018 iRidge, Inc. All rights reserved.