• NOID

「第15回Alexa道場:米国スキル開発最前線」ウェビナー参加レポート

最終更新: 2018年10月13日



世界40カ国を飛びまわっている米国のエバンジェリスト Justin Jeffress さんが、米国で人気のスキルや最新機能、最新開発事情について紹介。講演は30分程度になりますが、お時間がない方のためにレポートにまとめました。


日本のスキル数が1000程度に対し、米国ではすでに40000ほどになっているということで、日本よりも2−3年進んでいます。そういうわけで、米国事例はとても参考になりそうです。是非皆さんのスキル制作にご参考になさってはいかがでしょうか?



-紹介された人気のスキルについて、それぞれの特徴をご紹介します。


1.「Magic Door」:美しいサウンドエフェクトを利用したアドベンチャーゲーム。前回の続きから遊べる機能付きで手軽に楽しめるそうです。


2.「Jeopardy(ジャパディ)」:クイズ番組、テレビで使用されていないクイズを遊べる、1日6問しか遊べないが、スキル内課金で追加コンテンツを遊べる(プライム会員は無料、一般は200円くらい)


3.「Big Sky」:天気予報、1時間毎の詳細な場所の天気が聞けるスキル。課金でマイプレイスを登録できる。(課金は2.4ドルくらい)


4.「Chop Chop」:キッチンで切り方を教えてくれるスキル。毎月新しい切り方が追加されるそうです。(欲しい切り方を投票して投票の多かった切り方を追加)


5.「WebMd」:処方された薬の副作用を調べてくれるスキル。副作用が出た時にどうすれば良いかなど教えてくれる。WEBサイトで掲載されている情報を音声で聞くことができるのだそうです。


6.「TED」:TEDのプレゼンテーションを聞けるスキル。聞きたいテーマを話しかけるとオススメの録音を再生してくれるという優れもの。



-視聴者からの質問について、答えてくれました。


質問1:アレクサの声とBGMを合成することはできるか?

→現在はできません。アレクサの声を録音してビデオなどに合成して使用するといった応用例があるそうです。


質問2:スキル内での課金は儲かるのか?

→他の方のスキルのお話になってしまうので、お答えすることはできません。海外製のStoryline/VoiceApps もスキル内課金に対応しているなど、スキル内でのマネタイズに注目がされているそうです。



今後のイベント紹介:

10/12-13 Alexa Dev Days:ワークショップや最新情報をお伝えするセッションなど

11/21 ハンズオントレーニング:はじめてのAlexaスキル

11/16 ハンズオントレーニング(初級)

11/9 ハンズオントレーニング(中級)


スキル開発者特典:

TシャツxEchoSpotプレゼントキャンペーン実施中


次回、Alexa道場:

11/22 12:00-12:40 ダイアログモデルについて


参考:Alexa公式サイト



-ただいまNOID(ノイド)ハンズオンセミナー参加受付中!詳細はこちら


-プログラミング知識がなくてもスキルが作れる「NOID(ノイド)」はこちら

41回の閲覧
  • NOID公式 Twitter
  • NOID公式 Facebook

Copyright © 2018 iRidge, Inc. All rights reserved.