• NOID

スキル審査の攻略法。ヘルプインテントについて


Alexaのスキルストアで公開するためには、スキルを申請してAmazonの認定を受ける必要があります。Alexa Blogsに、認定のための攻略方法が掲載されましたので、NOID(ノイド)で実現するための方法をご紹介したいと思います。


今回は、ヘルプインテントについて、

「HelpIntentでセッションが閉じてしまう。」という問題についてご紹介します。


まずヘルプインテントの悪い例です。

ユーザー:アレクサ、十二星座占いを開いて

スキル:ようこそ十二星座占いへ。このスキルでは、十二星座で今日の運勢を占います。占いをはじめますか。

ユーザー:ヘルプ

スキル:今日の運勢を占います。たとえば、ふたご座の運勢を教えてと聞いてください。(セッションクローズ)

ヘルプを読みあげた後に、スキルが終了してしまっています。これではユーザーが、もう一度スキルを起動しなくてはなりません。正しくは、ヘルプの後にユーザーへ質問する流れにする必要があります。


ではNOID(ノイド)の画面を見てみましょう


-悪い例

悪い例では、ヘルプブロックの後ろの遷移先がないのでそのまま終了してしまいます。


-良い例

良い例では、ヘルプブロックの後ろの遷移先があるので、そのまま終了せずにスキルに戻ることができます。


それでは正しい動作を見てみましょう。

ユーザー:アレクサ、十二星座占いを開いて

スキル:ようこそ十二星座占いへ。このスキルでは、十二星座で今日の運勢を占います。占いをはじめますか。

ユーザー:ヘルプ

スキル:今日の運勢を占います。たとえば、ふたご座の運勢を教えてのように聞いてください。何座の運勢を占いますか?

ユーザー:ふたご座の運勢を教えて。

スキル:ふたご座の今日の運勢は星3つです。


今度は大丈夫ですね。ヘルプを聞いた後にも、ちゃんとスキルに戻ることができています。このようにヘルプブロックあとは、スキルへ戻ってこれるように必ず線でつないでおく必要があります。審査に出す前にぜひチェックしてみてくださいね。

参考:Amazon: Alexa Blogs



-ただいまハンズオンセミナー参加受付中!詳細はこちら


-プログラミング知識がなくてもスキルが作れる「NOID(ノイド)」はこちら

  • NOID公式 Twitter
  • NOID公式 Facebook

Copyright © 2018 iRidge, Inc. All rights reserved.